スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本橋の托鉢僧

今日は会社の帰りに川沿いを歩いて神田まで帰りました。橋の上から川をのぞいた時、頬に当たる風はもう涼しい風。初めて秋の気配を感じました。

会社から2kmくらいのところに日本橋があります。橋を渡る途中で托鉢の修行僧に出逢いました。お説教が面白いのと、ちょっとしたアクシデントで、長居をしてしまいました。

修行僧の法句さんと私がお話ししている所に、ちょっと不穏な男が声をかけて来ました。「俺もお金に困っているので、金をくれ。」と言って来たので、法句さんは、托鉢の入れ物の中にゴソゴソと手を入れて、恐らく、さっき私がお布施した100円を差し出しました。

その男は、苦々しい表情を浮かべながら100円を返してきました。そして今度は法句さんにむかって「お前は汚いから、日本橋を汚している。でて行け!」と言ってきました。私は、「お前のその根性が汚い!」と思ったので、そのまま留まって法句さんをかばうことにしました。

彼は、自分は日本橋の近くに住んでいて、この近くのホテルの従業員だと言います。だけど、シャツの肩の所がほつれているし、暗い眼光だし、恐らくまともな人ではないだろうと思いました。

私たちが橋の上から動こうとしないので、しびれを切らした彼は、「警察の許可をとっているのか?!」と言ってきました。しかも、「警察をよぶぞ」と凄んでいます。そこで思い切って、「そうですね、じゃあ警察を呼んで来ましょうか。」と私は言いました。

すると、「俺が呼ぶから待ってろ!」と言い放って、すーっと立ち去りました。 彼は恐らくやくざのチンピラでしょう。警察ではなく、仲間を連れて来たらどうしようと心配しましたが、その後もう現れませんでした。

チンピラに対する法句さんの態度は立派でしたよ。少しもひるむことなく立ち向かっていました。だから私も恐れずに対応しました。「恐れるから災いが降りかかる」とはこのことですね。今日は身をもって学びました。法句さんありがとう!また日本橋でお会しましょう!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

らんどなあ

Author:らんどなあ
自転車地図を作ってる。
ランドナーに乗って33年。
あこがれのTOEIゲット。
カナディアンカヌーやEボートにも乗ってる。
たまにギターを弾いて大声で歌う。

ついる?Twitter
 
最新記事
最新コメント
自転車ブログRANKING
自転車関係のブログをいろいろ探せるよ!
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。